クレジットカードのサインは なぜするのですかについて

 

紛失 盗難時の不正使用を防止するためです。

お客さんがクレジットカードを使ってお店から 商品を購入する際

店員は お客さんのクレジットカードが有効期限内のものか

紛失や盗難により会員から事故届が出ているクレジットカードでは
ないかなどを 信用照会端末機で確認します。





スポンサーリンク





トップページクレッジットカード > クレジットカードのサインはなぜするのですか







端末機は 紹介のあったクレジットカードを有効と判断すれば 


三枚綴りのご利用伝票を出力します。




このご利用伝票のクレジットカード会社用控えにお客さんがサインします。





店員は お客さんから提示されたクレジットカードの裏面のサインと 


ご利用伝票のサインを照合します。




クレジットカード裏面のサインパネルにサインがないとき 又は筆跡が


異なる場合には クレジットカードの利用は認められません。



このサインパネルへの署名は 法律で消費者に義務付けられている


訳ではありません。





クレジットカードの紛失 盗難時の不正使用により 会員が損害を


被ることを防止するためです。


クレジットカード裏面のサインと ご利用伝票のサインを照合する必要が


あるのは 会員がカードを盗まれたり 紛失した場合 


そのことに気づいて クレジットカード会社に連絡する以前に


不正使用者が 会員の名を偽って商品を騙し取ることを防ぐためです。




クレジットカードの不正使用を防止するには 販売業者の店員が 


サインの照合を行うことが有効です。




盗難保険の関係上 サインパネルには


クレジット会社から クレジットカードが 送られて来た場合 


直ちに サインするしておくことが 重要です。





スポンサーリンク