クレジットカード審査に通るようになるには実は、クレジットカード審査が通るかどうは、

クレジットヒストリー(クレヒス)で決まるのです。

世の中には、本当に数多くのクレジットカードが存在しますが、決して、無条件に入手できるものではありません。

クレジットカードを申請しても、発行されるかどうかは、カード会社の判断によるわけです。

 









トップページクレッジットカード > クレジットカード審査に通るようになるには




それでは、クレジットカード会社は、

申請者の合否を、何を基準に決めているのでしょうか。もちろん、申請時に書く勤め先、年収や、

勤続年数などの情報も、参考にしています。

 
しかし、最も重要視しているのは別にあります。

 

それは、履歴です。

 


多くのカード会社が、最も参考にしているのは、


申請者のカードヒストリーです。

 


クレヒスとも呼ばれている、それは、


個人のカードの利用履歴が、漏れずに記録されたものです。

 

つまり、自分がこれまでにクレジットカードを、


どのように利用してきたか、さらに、現在、どのような契約を、


結んでいるかなどの情報が記載されている。

 


この情報は、そのまま信用情報となりますので、


各社とも、この記録の中身を重要視しています。

 


クレヒスの中身が優れていれば、当然審査には有利になりますが、

クレジットカードの審査に通りやすくするには実際には、


どうしたらいいか。


答えは一つです。


クレヒスを良くすることです。

 

つまり、クレジットカードを毎月、よく使い、そして最も大切なのは、

 

決められた日に、正常に引き落としされている。



そういうサイクルを、続ければいいわけです。

 

返済実績が、信用になるわけです。

 


クレジットの意味は、信用という意味からも、

容易に理解できると思います。

 

ここで、勘違いしてはいけないのは、


クレジットカードを、ほとんど使っていないから、


信用度が高いと思ってしまうことです。

 

 

カード会社からすれば、クレジットカードを使わない人より、


できるだけたくさん使って、そしてキチンと返済する人の方が、


はるかに、評価が高いわけです。

 

むしろ使わない人は、審査に通りにくい。


延滞などしてしまった場合は仕方がありません。


しかし、クレヒスに掲載されるのは、2年間の情報のみです。

 

つまり、延滞しても2年間経過すれば、その情報は消えます。

 

なので、延滞という問題を起こしても、その後2年間、


遅延や事故がなければ消えてしまいます。

 


しかし、これは継続してカードを持っていた場合です。

 

 

延滞後、カードを解約したり、強制的に退会された場合は、


5年間データが残ってしまいます。

 

 

こうなっては、大変ですので、延滞しても、


それ以降2年間は、違反や事故を、


起こさないように気を付けましょう。

 

自動車の運転免許証の場合は、


1年間、無事故・無違反ならきれいになりますが、


クレジットカードの場合は、


2年間何もなければ、履歴はきれいになります。

 


もっとも、利用者のうっかりミスもありますので、


まあ、1度や2度遅れたからといって、


クレヒスに傷がくわけではありません。

 

 

しかし、遅れが繰り返される場合は、履歴にキズが付きます。

 


ちなみに、支払い日に引き落としされなかった場合は、


督促状が送られてきます。

 

頻繁に督促状が送られると、


督促状の回数も履歴に残ることになります。

 


督促状が送られてきて、それでも支払いをされないときには、


クレヒスに載ることは当然、覚悟しなければなりません。

 


また、クレヒスには正常に引き落としが行われた場合にも、

正常引き落としという結果は記載されます。

 

なのでクレヒスには、ネガティブ情報以外であれば、


情報が、積み立てられるほど、信用度は上がるわけです。

 

したがって、クレヒスに全く情報がない状態は、


当然不利になるわけです。

 


つまり、カードを作らずに生活してきたのだから、


全く問題がないと考えがちですが、


カード会社としては、審査資料のない申込者には、


未知のリスクを、感じてしまうわけです。

 


20代の人ならともかく、30代後半にもなって、


カードを一度も申請したことのない人が、


初めて申請しようとしても、審査を通過するのは、


かなり厳しくなってくるわけです。

 

したがって、クレジットカード審査に通りやすくするには、


早くから、カードを申請して、


クレヒスの履歴を作っていった方がいいわけです。

 

もちろん、延滞などはしないことが条件ではありますが。

 


クレヒスの履歴のない人は、


カード使用の重要性が少ないと見て、


かえって審査に通りにくくなるのです。

もちろん、善良な人も多いでしょうが、


今まで、カードを作ってこなかったのは、


何か、他に問題があったために、カードを作れなかったのだろう、


なので、審査に通らなかったので、カードを持てなかった。

 

というふうに見られるわけです。