クレジットカードを選ぶ際、いくつか注意すべき点があります。







トップページクレッジットカード > あまーい誘い文句に惑わされるな!




正直なところ、カード会社にとっては自社の収益が最も大事なのです。

そのため、甘い言葉を巧みに使い、ユーザーを誘い込むことも多いです。

この言葉に惑わされ、実はお得でないカードを持つとしたら、それは非常に悔しいですよね。

そんな思いをしないためにも、次の点に注意しましょう。


年会費は本当に無料か??

『年会費無料』は、会員を誘い込む決まり文句です。

『永年無料』であれば何も問題はありませんが、『条件付き』であれば、その内容を吟味する必要があります。

条件として最も多いのは『初年度無料』。

次年度からは有料というタイプで、カードによっては『オンライン入会のみ初年度無料』というケースもあります。

うっかり見落とすことが多いので、事前に確認を怠らないことです。

『年間利用額に応じて次年度年会費無料』という謳い文句にも注意です。

生活スタイルにもよりますが、クレジットカードで水道光熱費や食費などの生活費を支払った場合、年間50万~100万円程度の支出になるといわれています。

自分の年間支出と照らし合わせて無理のない利用額のものを選びましょう。

国際ブランド

同じ提携カードでも、国際ブランドの違いによって、年会費やサービス内容が異なる場合があります。

中には、同等のサービスなのに年会費が高いというケースもあるので、カードを選ぶ際は、国際ブランドで内容に隔たりはないか、またはどのブランドが自分にとってお得かを事前に調べておきましょう。