なぜ国内のクレジットカード会社が発行したカードにもかかわらず、世界中で利用できるのでしょうか??







トップページクレッジットカード > クレジットカードの国際ブランドの違いでサービスが変わるのか?




その秘密を握るのが『国際ブランド』です。

国際ブランドとは、世界中で利用できる国際的な決済システムを提供する会社のことです。

国内のカード会社は、この国際ブランドと提携することで、海外でもカードがが利用できるようにしているのです。

現時点での国際ブランドは『VISA』『MasterCard』『JCB』『AMERICAN EXPRESS』『Diners Club』の5種類です。

これらの違いで利用できる店舗が変わったり、カードのサービスの内容に違いが生じます。


①VISA(ビザ)

世界最大の国際ブランドで、加盟店が最も多い。

全世界のクレジットカードの売上シェアの過半数を占めている。

②MasterCard(マスターカード)

VISAとライバル関係にある世界的ブランド。

加盟店もVISAとほぼ同規模。

ただし、VISAが欧米で強いのに対して、欧州で強いといわれている。

③JCB(ジェーシービー)

日本で唯一の国際ブランドで、国内加盟店数はトップを誇る。

世界中で使えるが、一部では利用できないケースも見られる。

とはいえ、ハワイなど日本人に人気の観光地であれば、ほぼ使えるといっても間違いではない。

④AMERICAN EXPRESS(アメリカン・エキスプレス)

通称「アメックス」

ブランド戦略が巧みで、富裕層向けのイメージが定着。

加盟店は多くないが、T&E(トラベルアンドエンターテイメント)カードとして顧客が満足できるサービスを提供している。

⑤Diners Club(ダイナースクラブ)

世界初のクレジットカード会社。

アメックスと同様、富裕層向けの国際ブランドで、それゆえ審査基準は厳しいといわれている。

利用店舗も限られるが、ワンランク上のサービスを受けたい、ステータス感を満たしたい人にはピッタリ。

以上のように、国際ブランドによって特色は様々です。

自身のライフスタイルや利用シーンによって選ぶのが好ましいです。

また、同じカードであっても国際ブランドの違いでサービス内容が異なることもあるので、この点にも注意しましょう。